諸江 修(もろえ・おさむ)略歴
桜コンサルタント社・マネージング・ディレクター



IMG_0597

1961年群馬県高崎市生まれ。1980年群馬県立高崎高校卒業。1984年同志社大学文学部文化学科哲学及び倫理学専攻卒業。1984年~1987年神戸YMCA勤務。1987年~1990年シンガポール・トリニティ神学校に留学。卒業後、インドネシアのスマトラ島で宣教に従事する予定であったが、インドネシア政府から宣教師ビザが発給されず、そのままシンガポールに留まる。その間、翻訳、通訳を始める。

1991年マレーシア・ペナンの日系企業の駐在員となり、工場建設、操業立ち上げを行う。1996年辞職、クアラルンプールに居を移し、翻訳・通訳、コンサルティング業務を中国系マレーシア人の協力で始める。1997年にサイバーライト社を設立し、日本語パソコン、日本語環境インターネット、ネットワーク構築を行う。2001年よりコンサルティング業務を行う桜コンサルタント社を立ち上げ、現在に至る。

通訳者としては、マレーシアのマハティール元首相、アブドゥーラ前首相を始めとするマレーシアの閣僚と日本の閣僚、国会議員、知事らとの通訳を務めた。現在はマレーシアの高等裁判所及び労使関係裁判所の法廷通訳、及び裁判所に提出する私文書翻訳認証を行っている。また日系企業の駐在員のための会社法及び労働関連法のセミナーなどの講師を年間20回以上勤めている。